Cart

お客様のカートに商品はありません

Product

美味しさと情報を届ける体験型サブスクリプションパッケージ「GRAZE GATHERING」
PASSIONS FOR NATURE “GRAZE GATHERING”
PASSIONS FOR NATURE “GRAZE GATHERING”

美味しさと情報を届ける体験型サブスクリプションパッケージ

GRAZE GATHERINGでは、4週に1度ユートピアアグリカルチャーが育てた新鮮な素材「放牧牛乳800ml,放牧牛乳ヨーグルト800ml,平飼いの卵8個入り×2パック」と、地球と動物と人のより良い環境作りを目指す活動の報告、リジェネレイティブアグリカルチャーに関するコンテンツ記事をお届けします。
GRAZE GATHERINGに登録してユートピアアグリカルチャーが行う実験に参加しませんか?

2,980円(+送料)
Passions
for nature

商品内容

01.

Daily foods

ユートピアアグリカルチャーが育てた地球にも動物にも人にも美味しい食材たちをお届け

02.

Attending Forest Regenerative Project

ユートピアアグリカルチャーが新しく取り組む放牧実験「Forest Regenerative Project」の進捗をメルマガやイベントとしてお届け

Forest Regenerative Project
03.

Insights for Regeneration

リジェネレイティブアグリカルチャーに関する最新情報や、美味しいレシピのコンテンツを冊子とニュースレターの形式でお届け

01.

Daily foods

ユートピアアグリカルチャーが育てた地球にも動物にも人にも美味しい素材たちを4週に1度お届けします。

01 Grazing Milk

放牧でのびのびと育った牛から採れるグラスフェドミルク

北海道日高町という太平洋沿いに位置し北海道の中では雪も少なく温暖な地域にある牧場で放牧され、のびのびと育った健康な乳牛から採れる風味豊かな牛乳です。

ノンホモ・低温殺菌で、牛乳本来のコクや甘みをそのままお届けします。脂肪分の均質化(ホモジナイズ)をしていないので、ボトル上部には牛乳中の脂肪分が浮かび「クリームライン」ができます。自然のままである証拠ですのでよく振ってお飲みください。

牛乳は季節によって脂肪分などの成分が変化しますが、放牧で青草を食べて育てることでさらに季節による影響が多くなり、夏はあっさりと冬はこっくりとしたその時々の味わいをお楽しみいただけます。
調理するとさらに香りやコクが引き立ちますので、お料理やお菓子など様々な使い方でお楽しみください。

牛乳へのこだわり

02 Egg White

ストレスも、売るための余計な餌も与えない自然な白い卵

健康を最優先に考えた平飼い(鶏舎内での放し飼い)でのびのびと暮らす鶏から生まれた有精卵です。

一般的な卵には黄色味を強めるトウモロコシなどの着色力のあるエサを与えていますが、そのようなエサを使用せず黄身が白いことが特徴です。さらに、北海道産米から取れる生ぬかや、菓子メーカーならではの菓子屑も自家配合のエサに加えることで風味豊かなおいしいたまごになりました。

旨味がありながらもあっさりとした味わいのため、シンプルな卵料理はもちろん、プリンやカスタードようなお菓子作りにもコクを出してくれます。

卵へのこだわり

03 Grazing Yogurt Drink

放牧牛乳100%で作った自然な甘みの飲むヨーグルト

Grazing Milkを牧場から運んできたその日中にスモールバッチで大切に作る飲むヨーグルトです。
生乳のほか、原材料は「2種類の乳酸菌と砂糖だけ」というシンプルなレシピで牛乳本来の味を生かし、適度な酸味とコクのあるまろやかでやさしい味わいになりました。
甘さを抑えたさらりとした飲み心地で毎日飽きずにお楽しみいただけます。

ヨーグルトへのこだわり

商品詳細

  • Grazing Milk

    種類別名称:牛乳
    内容量:800ml
    保存方法:要冷蔵(10℃以下)
    消費期限:製造日から5日

    ※ノンホモ製法により、長時間静置させると上部にクリームの層ができます。フタを押さえ、よく振ってからお飲みください。
  • Egg White

    名称:鶏卵(有精卵)
    内容量:8個入り×2パック
    賞味期限:製造日から14日

    ※メス100羽に対してオス5羽の割合で飼育しています。有精卵でない卵が1割程度含まれている可能性があります。
  • Grazing Yogurt Drink

    種類別名称:はっ酵乳
    内容量:800ml
    保存方法:要冷蔵(10℃以下)
    賞味期限:製造日から14日

    ※商品の特性上、乳成分が沈み、分離する場合がありますが、品質に問題はありません。フタを押さえ、軽く振ってからお飲みください。
02.

Attending Forest Regenerative Project

「都市近接型で行う、多様な動物と植物による森の活性化実験のモデルファーム」の進捗状況や、リジェネレイティブアグリカルチャーの最前線を毎月ミートアップとしてお届けします。

GRAZE GATHERING編集部とForest Regenerative Projectメンバーを中心に毎月一回オンラインイベントを開催。プロジェクトの進捗情報や、放牧酪農やリジェネレイティブアグリカルチャーの最新情報、先行事例を行う方々とのトークセッションなどを提供していきます。

北海道札幌で行われる実験の共同研究者として参加してもらいながら、自分達が関わっている牧場で作られる牛乳や卵を日常的に味わっていくことで、季節ごとに、一年ごとに変わっていく農場と食材の変化もお楽しみください。

Forest Regenerative Project について

共同研究を行う専門家

北海道大学大学院農学研究院 環境生命地球化学研究室

内田義崇先生

プロフィール

2009年ニュージーランドリンカーン大学卒、2010年より農業環境技術研究所(現:農研機構・農業環境変動研究センター)に在籍。2013年に北海道大学大学院農学研究院に環境生命地球化学研究室を立ち上げ、現在は准教授としてこの研究室を運営している。土壌微生物と酪農場における栄養バランス研究の他、家畜糞尿由来廃棄物の農地散布を最適化するための衛星画像利用システムの開発、ザンビアにおける鉛汚染のメカニズムの解明と健康・経済リスク評価手法および予防・修復技術の開発プロジェクトに携わる。

WILD SCIENTIST

片野晃輔氏

プロフィール

1997年新潟生まれ。中学時代、母の乳がんがきっかけで分子生物学に関心を持ち、高校時代は企業や大学のラボを利用し個人で研究。高校卒業後、MIT Media LabにてSynthetic Neurobiologyグループ、Community Biotechnologyグループにて研究員として活動。 帰国後、Sony CSL、一般社団法人シネコカルチャーにて拡張生態系の研究に携わる。 現在は個人事業主として「生命の連環を起こす」という思想を軸に研究活動、企業への助言や造園ユニットとしての造園/空間設計など分野問わず活動している。

03.

Insights for Regeneration

冊子とメールマガジンでリジェネレイティブアグリカルチャーの最新情報や、美味しいお菓子と食事のレシピをお届けします。

これからの地球と動物と人の関係性を作っていくキーワード「リジェネレイティブアグリカルチャー」を中心に、インタビュー記事や国内外の企業や研究のレポート、Forest Regenerative Project関係者のコラムや、GRAZE GATHERING素材を使った美味しいレシピが毎週のメールマガジンで届きます。また、それらの情報を冊子としてまとめ、牛乳や卵の定期便とともにお届けします。

初回は「リジェネレイティブって何だろう?」をテーマに、ユートピアアグリカルチャー代表の長沼真太郎と共同研究を行う北海道大学の内田義崇准教授との対談をはじめ、リジェネレイティブアグリカルチャーの最前線を、洗練されたデザインや写真とともにお伝えしていきます。

編集チームについて

素材を届けるだけではなく、リジェネレイティブアグリカルチャーを実践する背景の考え方や知識を伝えるために、テクノロジーやイノベーションの分野に精通する編集者の岡田弘太郎さんを中心に、編集チームを組成。デンマーク在住のエディトリアルデザイナーの平山みな美さん、ユートピアアグリカルチャーのプロデューサーの阿座上陽平さん、札幌在住の編集者である葛原信太郎さんとともに、基礎情報から先駆者のインタビューまで、リジェネレイティブアグリカルチャーに関する情報を皆さんにお届けします。

レシピについて

レシピの企画開発は、有名ホテルのモーニングなどを監修する、フードコーディネーターの西村麻佳さんが担当。牛乳や卵などの定期便でお届けする素材を用いて、簡単に作ることができる食事とスイーツのレシピをお届けします。

西村麻佳 1995年三重県出身。「高校生レストラン」で有名な三重県の相可高校で、料理の基礎を学ぶ。食品メーカー勤務を経て、フードコーディネーター蓮沼あいに師事。現在は独立し、フリーランスとして活動中。調理の知識と技術を生かし、企業やメディアのメニュー提案やレシピ制作をはじめ、スタッフ研修なども行っている。プライベートでは、アイス好きが高じてイタリアでジェラート修行を経験。

ユートピアアグリカルチャーはなぜ放牧酪農や平飼いの養鶏を行うのか

ユートピアアグリカルチャーは「GRAZE EXPERIMENTS」をテーマに、美味しいお菓子作りのために美味しい原材料を追求し、その結果たどり着いた、放牧による牛乳作りに挑戦している会社です。お菓子は食べなくてもよいものではある、それでも食べたくなるお菓子だからこそ、地球環境に悪影響をもたらさずに心から楽しめる、本当に美味しいお菓子作りを目指しています。

我々が良い原材料を作り、お菓子を作り、それらを購入していただくことで、さらに牧場や森に再投資する。動物と自然の好循環を研究しながら、この素材と人の循環を作り回していくことで、地球と動物と人に美味しい環境作りを目指していきます。