Cart

お客様のカートに商品はありません

Joint research

循環型酪農実証への挑戦

放牧というビジネスを効率よく運営するはどうすればよいのか。いつどのような草を食べさせると、どのような質の乳が取れるのか。本当に放牧によって牛が排出する温室効果ガスを土壌が吸収することで相殺することができるのか。

これまで各農家の暗黙知となっていた日常業務を数値化してログを貯め分析することで、放牧経営の導入のハードルとなる運営ノウハウと乳質の安定化に向けて産学連携で研究を進めるプロジェクトです。

Professor

内田義崇

北海道大学 農業学部 教授

2002~2009
ニュージーランド・リンカーン大学 (最終学歴:環境生命地球化学専攻PhD)B.Agr.Sci. (1st class Hon.), PhD in Environmental Biogeochemistry Lincoln University, New Zealand

2010~2012
農業環境技術研究所 (物質循環研究領域、ポスドク)Postdoc at National Institute for Agro-Environmental Sciences, Japan

2013~
北海道大学大学院農学研究院 連携研究部門 (テニュアトラック助教)Assistant Professor, Research Faculty of Agriculture, Hokkaido University

2017~
同上(准教授)Associate Professor (same faculty)

Data

ユートピアアグリカルチャーの放牧牧場において、環境負荷に関する調査、土→草→牛→乳や排泄物→土という循環の中で炭素や微生物がどのように循環しているかの調査を行い、レポートしていきます。今はまだ酪農経営におけるレポートが少ないため、私たちの研究を公開することで少しでも世界の発展へ貢献できるよう願っています。参考にしていただいた方、一緒に研究をしていきたい方はぜひお声がけください。